DHAとEPAの摂取により防ぐことができる病気

DHAやEPAを摂取することで、様々な病気を未然に防ぐことができると言われています。

 

DHAの場合には、血液をサラサラにする効果が高いですから、動脈硬化の予防や、高血圧を抑える働きがあります。その他には、アルツハイマーの予防にも効果的ですし、目の視神経も活発にすることがわかっていますから、網膜の動きを良くするとされています。

 

EPAにも、血液をサラサラにする力があるのですが、悪玉コレステロールを減少させる働きがありますし、血栓を除去する働きがあります。その他にも、EPAには、精神を安定させる力がありますから、うつ病にも効果的ですし、抗炎症作用があるため、傷の治りを早くしたり、抗アレルギーにも効果的であるとされています。集中力を上げる事もわかっていますし、持久力が上がることもわかっています。

 

高血圧を抑えたり、悪玉コレステロールを下げる事や、動脈硬化を防ぐことにより、生活習慣病と呼ばれるような病気を未然に防ぐことが可能となりますから、特に生活習慣病になりやすい生活を送っている場合、DHAやEPAの摂取を意識して継続することが大切です。

 

毎日ストレス過多な生活を送っている人や、喫煙や飲酒が多い人、肉食の人は、DHAやEPAの摂取をすることで、生活習慣病を防ぐようにしましょう。今日摂取したからといって、すぐに効果が発揮されるわけではありません。継続して摂取することが大切ですから、毎日継続して摂取し、様々な病気を未然に防ぎましょう。

 

そのためにはDHAやEPAのサプリメントから摂取するといいと思います。継続しやすいですし、手軽にできるので多くの人がサプリメントを利用しています。

DHAやEPAを摂取した方が良い年齢とは


DHAやEPAは、子どもからお年寄りまで摂取することができる物です。

 

子どもの場合、DHAやEPAを摂取することで、頭が良くなると言われており、集中力もアップすることがわかっていますから、勉強がはかどります。小学生などの小さな子供や、胎児でも摂取した方が良いと言われている栄養素ですから、小さいから摂取を控えた方が良いという事はありません。

 

できれば、摂取した方が良い栄養素となりますから、離乳食から魚を活用するなどし、子どもの頃から魚が苦手になってしまわないようにすることが大切です。

 

大人になると、勉強はしないし、集中力も必要ないと考える人も多いのですが、大人になってからのDHAやEPAの摂取は、生活習慣病の予防につながりますし、うつ病などの改善にも効果的となっています。歳を重ねていくと、生活習慣病よりも痴呆症の心配をする人が多いかと思いますから、痴呆症にも効果的である、DHAやEPAの摂取が非常に大切になってくるのです。

 

上記のように、DHAや、EPAは、小さい子供から、お年寄りまで、様々な効能により、効果を発揮することがわかっていますから、どの年代でもDHAやEPAを摂取すると効果的です。

 

できるだけ継続して摂取することで、体や脳を元気にし、健康を保つことができるとされていますから、家族みんなで、DHAやEPAの摂取を心掛けるようにしましょう。子どもの頃からサプリメントを飲ませるのは抵抗があるという人もいますが、サプリメントからではなく、食品からでも十分補う事ができる栄養素ですから、献立を工夫すると良いでしょう。

更新履歴